Kostnice-blog

中川多理 Tari Nakagawa 【球体関節人形&人形写真】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在廊予定&画像つづき


台風が来ていて、移動が少々不安ですが
初日の22日から25日までパラボリカ・ビスに在廊予定です。

会場で見かけたら、お声かけくださると嬉しいです。

++

画像は今回のDMの子です。
生で見た方が優しげな感じかと思います。

それでは、会場にて皆さまをお待ちしております。

IMGP0599-01.jpg

IMGP0537-002.jpg

IMGP0719-01.jpg

スポンサーサイト

制作過程の画像

もう少し追加。

IMGP0838-002.jpg

IMGP0839-002.jpg

IMGP0776-002.jpg

IMGP0790-003.jpg

IMGP0827-002.jpg

IMGP0796-003.jpg

DM&進行状況

all.jpg

個展のフライヤーが届きました。
マンタムさんの新作、美登利さんのシャーロット・リン
私も新作の小さい子と、大きい子のお腹をイメージに使って頂いています。

会場で販売される、小箱に入った「人形の魂の欠片(かけら)」
こちらの情報も裏面に掲載して戴きました。



現在手元にある枚数の都合上、御住所戴いている方で東京近郊の方優先に
発送準備中です。

フライヤー御希望で「後日発送でも大丈夫だよ」、という方は
宜しければメールフォームからご請求ください。


++


今回ほとんど撮影をする時間が取れなかったので、
制作過程の画像などいくつか。

完成画像は、会場で撮影したものを
のちほど追加できたらと思っています。

IMGP0779-002.jpg

久しぶりに、胡粉や油彩、肌色仕上げの子も多数。
乾燥中の画像ですが、足の踏み場がなく、難儀しておりました。

個展のお知らせ

◆中川多理・人形展『薄明穹(はくめいきゅう)』◆

hakumeikyu.jpg

町は二層の水のなか
そこに二つのナスタンシヤ焔
またアークライトの下を行く犬
さうでございます
このお児さんは
植物界に於る魔術師になられるでありませう
月が出れば
たちまち木の枝の影と網
そこに白い建物のゴシック風の幽霊  ̶宮沢賢治




2012年6月22日[金]〜7月17日[火]
■月~金/13:00~20:00 土日祝/12:00~19:00(イベントの際は変更になる場合もございます)
■水曜日休館(会期中、臨時休館を頂く場合もございます)
■入場料:500円
■展覧会 会場:parabolica-bis[パラボリカ・ビス]
■東京都台東区柳橋2-18-11 ■TEL: 03-5835-1180

同時開催:
マンタム個展『夜 歩く犬―崩れた塔に向かう郷愁(ノスタルジア) 』
林美登利による 鳩山郁子『カストラチュラ』トリビュート展
amnesiA&paramnes展示販売会(6月30日~7月17日)





夜の空にかかる三日月を「黄水晶(シトリン)の薄明穹(はくめいきゅう)」と詠んだ
宮沢賢治の、生涯二度に渡る災害の、それゆえに土と鉱物と天体を見た精神は、
今、もっともわたしたちに重なり合うものかもしれない。
白い海、方舟、そして薄明穹へ 
中川多理の人形は確信をもって彷徨っている。
新作をもって時代を問う中川多理の2012年。





白い海から出帆し方舟がたどり着く薄明穹の湾に、
届けられる人形の魂の欠かけら片。その白の残照。
●予価:8000円~15000円(中川多理オリジナル箱入り)

http://www.yaso-peyotl.com/archives/2012/06/hakumeikyuu.htmlより)

 | HOME | 


無断転載・複写・使用を禁止します。
Copyright © 2008 Tari Nakagawa All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。