Kostnice-blog

中川多理 Tari Nakagawa 【球体関節人形&人形写真】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Elpis」

今年初頭の夜想・人形展2012「レクイエム/ルネサンス」に引き続き
2013年、新しい年の幕開けを、パラボリカ・ビスでの人形展にて迎えます。

人形寫眞文庫でお世話になりました、平安工房さんによるセレクション。
展示でははじめましてのメンバーもいらっしゃいますが
既に面識有りのお友達ばかりなので、準備から和気藹々と進んでいます。




「Elpis」

elpis01[1]


荒井黒陽
中川多理
ヒロタサトミ
雨沢聖
槙宮サイ 
神宮字光
江村あるめ 

2013年1月11日[金]〜2013年2月4日[月]
■月~金/13:00~20:00 土日祝/12:00~19:00
■入場料:500円(開催中の展覧会全て共通)
■展覧会 会場:parabolica-bis[パラボリカ・ビス]
■東京都台東区柳橋2-18-11 ■TEL: 03-5835-1180 map

企画:平安工房



2011年の災禍がもたらした爪痕はいまだ深くある。
開けてはいけない箱から飛び出した災厄は、我々の日常を脅かし続けている。
あの災禍から2年目のあたらしい年、はじまりの月に。
あらゆる災厄が飛び出した箱に残ったとされる『Elpis』を、7人の作家の表現に託してみたいと考えた。
人の姿をうつした人形は、見る者の想いに満たされ、やがて希望の物語を紡ぎ出すだろう。
今を生きる7人の作家が、それぞれの表現に込めた想い。
7つの希望の物語。





私は今回、少年の人形を何体か。
群像の姿で見たいと思い、鋭意準備中です。

+ +

DMは、枚数の都合等で
御住所のわかるオーナー様を中心に
主に関東方面の方に御送りする予定です。

確実に受け取りたい、という方は
発送が遅くなっても宜しければ、メールフォームからお問い合わせください。

スポンサーサイト

「大正ロマン人形展覧會」御来場ありがとうございました

鳩山会館「大正ロマン人形展覧會」、無事閉幕を迎えました。

マリアの心臓で空間を共にしたアンティークドールや日本人形
たくさんの作家様方の作品が、久しぶりに一堂に集いました。

169.jpg


由緒ある西洋建築の一室で、
明るい日射しの中、お人形たちの表情も心なしかほころんで見えるようでした。
私の人形も、家での表情よりも優しげな顔をしていたと思います。

三浦さんや可淡さんのお人形に、窓からの陽光が反射して
虹がかかるという珍しい、貴重な一幕もありました。


御来場くださった皆様、
素敵な場所に招待してくださった佐吉さん
スタッフの皆様、御一緒させて頂いた作家様方、
ありがとうございました。


+ +


展示も終了して、ほっとひと息つく間もなく
年明けにとても楽しみな企画を控えています。

タイミングが重なったので、まるで個展前のような様相で
しばし慌ただしく過ごしておりますが

個展を経験させて貰ったからこそ、乗り切れるのではないかな、と
もうひとふんばり頑張ろうと思います。


詳細はまたのちほど。

asiasi.jpg


+


お人形の感想など、メッセージをくださってありがとうございます。
また、詳細な御案内とともに、御返事をお送りしたいと思っています。

もう少々お待ちくださいね。

「大正ロマ ン人形展覧會」出展作品・その3

「幼子」

DSC_3361.jpg


羽は無いけれども天使のイメージが少しあったので、中性として
一度何もなくしたらつまらなかったので、
弄っているうちに、半陰陽のようになりました。


割と性差ははっきりつけたいタイプなので、この形は初ですが
可愛いらしくできました。


素朴だけれども、よく見ると絢爛な様相になりました。
小さい子なので、見落とされるかもしれませんが
ぜひ近寄って見てあげてください。

「大正ロマ ン人形展覧會」出展作品・その2

「ミリアム」

ヘブライ語で海の滴、苦い水
マリアに転訛する以前の名前

幼子を抱く腕を持たない

そして時間を止めて 石化したかのような「幼子」

DSC_3298.jpg


+ +

マリアの心臓閉館以降、いずれマリアを復活させたいと
佐吉さんは何度も仰っておりました。

それがいつになるかはわからないけれど、自分なりにマリアの、
象徴的なあの空間をイメージした子達を制作していました。

今回、このような機会を得て、
お披露目をすることができて良かったです。


甘めの顔立ちなのに、時折怖ろしいような表情もします。
完成してみるまで不安でしたが、球体が映えて美しい肢体だと思いました。

装飾品は割と直球に、マリアヴェールを作ってかぶせています。


DSC_3301.jpg


「大正ロマ ン人形展覧會」出展作品・その1

先の個展で展示させて頂いた「杏子(あんず)」
メンテも終了したので、お色直しに紅い御花の髪飾りを添えて。


DSC_3406.jpg


他の人形たちが洋風なので、
大正浪漫成分を一手に担ってくれています。

梱包中の手足。可愛い。

anzute.jpg

anzuashi.jpg


+ +


もう一体は、「キオン」
反魂草という黄色い花から名前をとりました。


kion2.jpg


こちらの頁にも、以前に撮った画像を掲載しています。

着せ付けの衣装に草花をあしらい、
私の作ではあまり見ない、妖精のような雰囲気の子になりました。

片眼の子で、もう片側は裏側を見ているような気持ちで作りました。


+ +


のこり新作2体については、また明日以降。

◆大 正 ロ マ ン 人 形 展 覧 會◆

いよいよ明日に迫りました。
TOPのお知らせ頁には掲載しておりましたが、改めて
こちらの展示会に参加させて頂きます。



◆大 正 ロ マ ン 人 形 展 覧 會 ◆

2012年12月4日(火)〜16日(日) *12月10日(月)のみ休館
AM10:00~16:00
 (鳩山会館への入館料¥500)


東京・文京区音羽の小さな丘の上に佇む、鳩山会館。

美しき庭園に囲まれた由緒ある西洋建築の一室に、大正期の日本人形をはじめ、世界の名高いアンティークドール、日本を代表する作家による現代人形など、古今東西の人形を特別展示いたします。

image[1]

  人形屋佐吉が厳選した最高級の人形が、鳩山邸に集結

人形博物館「マリアの心臓」が閉館して一年が経ち、たいへん多くの人形ファンの方々から、
新たな展覧会を切望するお声を頂戴いたしました。

そしてこの度、鳩山会館のご関係者の皆様のご協力により、この歴史ある荘厳な空間において、
お人形をお披露目させて頂くこととなりました。

短い期間ではございますが、静謐な館に咲く最高級の人形美を是非ご堪能下さい。
皆様のご来展を心よりお待ちしております。

公式サイト:http://sakichidolls.jimdo.com


《出展作品》

【 日 本 人 形 】
大正市松人形/大正抱き人形/大正三折人形
サクラビスクドール/キューピー人形/文化人形 他

【 西 洋 人 形 】
仏、独、英、伊、中国のアンティークドール

【 現 代 人 形 作 家 】
秋山まほこ/与勇輝/天野可淡/安藤早苗/木村龍/恋月姫/中川多理
中里繪魯洲/野崎芳寿/牧野哲大/三浦悦子/吉田キミコ/四谷シモン

【 現 代 画 家 】
浅野信二/天野翼/稲垣征次/宇野亜喜良/江津匡士/さやか
鳩山郁子/花輪和一/丸尾末広/森ヒロコ/山本タカト/横井まい子

【 特 別 出 展 】
永徳斎/光龍斎/小早川清/ハンス・ベルメール/平田郷陽



hatoyama.jpg

可淡さんのお人形があしらわれたDMとともに
  「今年最後のときめきの展覧會 心ゆくまで楽しみませう!!」
と、佐吉さんからのメッセージを頂きました。  

私も明日には間に合いませんが、会期途中(11~13日辺り)に在廊予定です。

年の瀬ではありますが、是非みなさま
お人形たちの作り出す異界の空間をごゆっくり御堪能ください。

+ +

なお、鳩山会館および主催の人形屋佐吉さまから
御来場されるみなさまへのお知らせとお願いがございます。



【お知らせとお願い】

*会館の規約により、ロリータ系ファッション、ゴシック系ファッションでのご入場が不可となっております。

そのようなお人形ファンの方にはたいへん心苦しいのですが、展覧会のテーマである『大正ロマン』をイメージとした洋装やお着物などでいらして頂きますようお願い申しあげます。

*また、館内床を傷つける恐れがあるため、ピンヒールでのご入場は不可となっております。ご理解の程宜しくお願いいたします。



(ゴスロリファッションでの入場が不可になった経緯は、この辺りの記事が参考になるでしょうか…
 http://npn.co.jp/article/detail/03339769/ 御興味のある方は御参照ください。)

今回は、一般のお客様も出入りする公共の施設をお借りしての展示ということで
会場での大きな混乱を避けるために、何とぞよろしくお願いいたします。

また、「大正ロマン風の」というドレスコードではありませんので
どうぞみなさま堅苦しく考えず、いつも通りの装いでいらしてください。


+ +

作品の販売についてはこちら。



【販売について】

*展示のために特別に会館をお借りするため、お人形・絵画作品の販売は行いません。

ご希望の作品がございましたらご予約という形で承りますので、お気軽にスタッフへお問い合わせください。



私は今回、計4体のお人形を出展しています。
先ほど無事に設置して頂いたとの御連絡を頂き、ほっと胸を撫で下ろしたところです。

のちほど、展示作品の画像を少しずつ掲載していきたいと思います。

 | HOME | 


無断転載・複写・使用を禁止します。
Copyright © 2008 Tari Nakagawa All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。