Kostnice-blog

中川多理 Tari Nakagawa 【球体関節人形&人形写真】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜想「物語の中の少女」展



夜想「物語の中の少女」展

1505_monogatari_4C_H1.jpg


●Exhibition
今井キラ/Kira Imai
佐久間友香/Yuka Sakuma
櫻井りえこ/Rieko Sakurai
中川多理/Tari Nakagawa
日野まき/Maki Hino

●Performance
松永天馬/Temma Matsunaga
常川博行/Hiroyuki Tsunekawa
米澤一平/Ippei Yonezawa
井上弘久/Hirohisa Inoue


少女たちは物語の中に描かれ続けてきました。日本で言えば古事記の頃から。
物語は物語であるがゆえに少女についての意識形成に大きな影響を与えてきました。
では少女は、少女のある様に描かれてきたのだろうか。ある種のバイアス[偏り]が付加されていないか―。
しかしこの問いは大きすぎてアプローチすら見えないところがあります。
「夜想」が呼びかけたのは、物語の中の少女を描いて下さい、表現して下さいということだけでした。
ここから物語、少女についての夜想の特集を始めたいと考えたのです。
そしてそれぞれの作家たちの少女の表現こそ新しい物語の中で少女でもあります。
夜想「カフカの読みかた」の特集が、作家の身体による共同的読書の試みであり、
パラボリカ・ビスで展覧会やパフォーマンスがその実践でもある様に、
物語と少女へのアプローチもまず作家の表現によって行いたいと思っています。
作家たちの表現は、豊かなそして魅力ある現代的な作品であることが第一で、
夜想は作家たちと作品の展示や製作を通じて少しずつ丁寧に物語の中の少女に向かっていきたいと考えています。

●今野裕一(夜想・編集長)


2015年5月23日(土)~ 6月22日(月)
■月~金/13:00~20:00 土日祝/12:00~19:00
■入場料:500円(開催中の展覧会共通)
■展覧会 会場:parabolica-bis[パラボリカ・ビス]
■東京都台東区柳橋2-18-11 ■TEL: 03-5835-1180

http://www.yaso-peyotl.com/archives/2015/05/post_889.html


スポンサーサイト

マリアの心臓に行ってきました。



6sswqubq.jpg

京都・マリアの心臓へ。
横井まい子ちゃん手ずからの看板と御対面。
大原の清浄な空気の中、扉を開けるとそこは人形達の王国でした。
久しぶりにお会いした佐吉さんも本当に楽しそう。
人形達も居所を得て、皆寛いだ表情でした。


11252742_816438058437803_1034262532_n.jpg

”少女市松” 杏子ちゃん。縁側の廊下ですやすや眠っておりました。


11249280_839057862835600_316475922_n.jpg

懐かしい”海の聖母”や、
初めてマリアの心臓に置かせて頂いた想い出深い”少女アリス”がおりました。

会期中、少しずつ展示替えもされている模様。

新生マリアの心臓【天翔ける歓喜のいやさか】〜5/17まで。
皆様の御来場をお待ちしております。



11236386_701841963261366_340674054_n.jpg
マリアの心臓・入り口。案内の可愛い子ちゃん。


11226630_352978864910549_82910216_n.jpg
お隣り、徒歩5分で行ける三千院散策も楽しかったです。




新生マリアの心臓 第1回展覧会

【天翔ける歓喜のいやさか】


花 秘ずる四月、愈々人形の儚夢が蘇ります。
人と人形とが惹かれ合う瞬間。
その喜びの出会いをこの聖なる大原の里で語り合い、
人形たちの魂の囁きに暫し耳を澄ませましょう。

2015年 4月25日(土)〜 5月17日(日)


《出展人形と作家》
天野可淡 木村龍 恋月姫
小山哲生 中川多理 中里絵魯洲
三浦悦子 四谷シモン

明治期市松人形 大正期市松人形 昭和期市松人形
抱き人形 三折人形 御所人形 文楽人形
江戸末期浄瑠璃人形の首 からくり人形
明治期抱き人形 大正期・昭和期市松人形

平田郷陽 光龍斎 永徳斎 天狗久

A・T ブリュ ジュモー
スタイナー ゴーチェ シュミット
シモンハルビック アーモンドマルセル

《出展画家》
合田佐和子 吉田キミコ 横井まい子

ほか人形屋佐吉名作コレクション


http://www.mariacuore.jp/


 | HOME | 


無断転載・複写・使用を禁止します。
Copyright © 2008 Tari Nakagawa All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。