Kostnice-blog

中川多理 Tari Nakagawa 【球体関節人形&人形写真】

夜想・髑髏展 * イベントのお知らせ



夜想・髑髏展
2016年4月1日[金]~5月8日[日]

1604dokuroten_flyer_omote800.jpeg

★レセプション4月1日19:00〜


[Artist]
相場るい児
金子國義
建石修志
トレヴァー・ブラウン
中川多理
野波浩
フジイフランソワ
丸岡和吾
守亜
山本タカト
山本直彰


■「夜想・髑髏展」
2016年4月1日[金]~5月8日[日]
月~金/13:00~20:00 土日祝/12:00~19:00
入場料:500円(開催中の展覧会共通)
会場:parabolica-bis [パラボリカ・ビス]
東京都台東区柳橋2-18-11
TEL:03-5835-1180

アクセス:
「浅草橋」駅JR東口・徒歩6分/都営浅草線A6出口・徒歩4分
駅から:江戸通りを浅草方面に進み境耘閣の角を右折。2本目の道を左、1本目の道を右に入る。

[スペシャル・イベント]
■髑髏茶室でお茶を楽しむ--茶道家 上原美奈子と共に

4月9日[土] 15:00〜
3000円[お菓子(楳心果特製)+抹茶付き・展覧会観覧料含む]

茶道家 上原美奈子さんにお茶を点てていただきながら、夢見る茶畑の話をいたします。
聞き手:今野裕一

■山本直彰×今野裕一トークショウ/「ロング・グッド・バイ」
4/23[土]17:00〜
1500円[お茶付き・展覧会観覧料含む]

ロング・グッド・バイ」いつか来る日のために。それは明日かもしれない。
「The Long Goodbye」(髑髏展新作)についてのゆるやかな対話。 
チャンドラー、寺山修司、ピエタ、死絵(今野裕一の)……日本画、チェコ。そしてもしかしたらカフカ。

■髑髏茶セット
会期中の土日は丸山和吾の茶器を使った[髑髏茶セット]をお楽しみ頂けます。
髑髏茶セット[お菓子(楳心果特製)+抹茶or紅茶]
料金:1500円
各日10セット限定[土日祝のみ]
カフェメニュー「髑髏茶セット」を確実にお召し上がりになりたい方は、お電話にてご予約承ります。

★京都にて巡回展を行います。
会期:2016 年 5月13日~ 6月6日
会場:京都・山科/春秋山荘
京都市山科区安朱稲荷山町6 TEL:075-501-1989

1604dokuroten_flyer_ura800.jpeg



夜想・髑髏展


夜想・髑髏展
風景としての髑髏、身体としての髑髏

2016 年 4月1日~5月8日

10338850_820383434751397_5000313390657107896_n.jpg


★レセプション4月1日19:00〜


[Artist]
相場るい児
金子國義
建石修志
トレヴァー・ブラウン
中川多理
野波浩
フジイフランソワ
丸岡和吾
守亜
山本タカト
山本直彰


会場:parabolica-bis [パラボリカ・ビス]



★京都にて巡回展を行います。
会期:2016 年 5月13日~ 6月6日
会場:京都・山科/春秋山荘
京都市山科区安朱稲荷山町6 TEL:075-501-1989

マリアの心臓・東京銀座展【聖キアーラの予兆】


-天野可淡「復活譚」出版記念-
東京・銀座展

【聖キアーラの予兆】



混沌の時代を生きる私たちを見て、

聖なるキアーラ(人形たち)は何を予兆するのか。



夭折の人形作家・天野可淡の人形写真集発刊を記念して、

東京・銀座にてマリアの心臓特別展覧会を開催いたします。

伝説の可淡人形の復活と集結を祝し、

美しき魂を持つ人形作家と絵画作家が集います。



会期:2016年4月2日(土)〜4月17日(日)

14時〜20時(入館は19:30まで)

休館日なし



会場:銀友ビル6F

(東京都中央区銀座一丁目13-12)

※京都・大原での開催ではありませんのでご注意ください。

入館料:1,000円(税込)


✦ 出展作家 ✦

天野可淡


恋月姫 / 木村 龍 / 三浦悦子 / 中川多理

中里絵魯洲 / 小山哲生 / 与 勇輝


山本タカト / 妹尾一朗 / 横井まい子 / 吉田キミコ


永徳斎(大正期)/ 光龍斎(大正期)

天狗屋久吉(大正期)/ 岡田次郎左衛門(江戸中期) 他



※出展作家は予告なく変更する場合がございます。



http://www.mariacuore.jp/

 | HOME | 


無断転載・複写・使用を禁止します。
Copyright © 2008 Tari Nakagawa All Rights Reserved.