Kostnice-blog

中川多理 Tari Nakagawa 【球体関節人形&人形写真】

個展のお知らせ

◆中川多理・人形展『薄明穹(はくめいきゅう)』◆

hakumeikyu.jpg

町は二層の水のなか
そこに二つのナスタンシヤ焔
またアークライトの下を行く犬
さうでございます
このお児さんは
植物界に於る魔術師になられるでありませう
月が出れば
たちまち木の枝の影と網
そこに白い建物のゴシック風の幽霊  ̶宮沢賢治




2012年6月22日[金]〜7月17日[火]
■月~金/13:00~20:00 土日祝/12:00~19:00(イベントの際は変更になる場合もございます)
■水曜日休館(会期中、臨時休館を頂く場合もございます)
■入場料:500円
■展覧会 会場:parabolica-bis[パラボリカ・ビス]
■東京都台東区柳橋2-18-11 ■TEL: 03-5835-1180

同時開催:
マンタム個展『夜 歩く犬―崩れた塔に向かう郷愁(ノスタルジア) 』
林美登利による 鳩山郁子『カストラチュラ』トリビュート展
amnesiA&paramnes展示販売会(6月30日~7月17日)





夜の空にかかる三日月を「黄水晶(シトリン)の薄明穹(はくめいきゅう)」と詠んだ
宮沢賢治の、生涯二度に渡る災害の、それゆえに土と鉱物と天体を見た精神は、
今、もっともわたしたちに重なり合うものかもしれない。
白い海、方舟、そして薄明穹へ 
中川多理の人形は確信をもって彷徨っている。
新作をもって時代を問う中川多理の2012年。





白い海から出帆し方舟がたどり着く薄明穹の湾に、
届けられる人形の魂の欠かけら片。その白の残照。
●予価:8000円~15000円(中川多理オリジナル箱入り)

http://www.yaso-peyotl.com/archives/2012/06/hakumeikyuu.htmlより)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kostnice.blog105.fc2.com/tb.php/199-60199e0c

 | HOME | 


無断転載・複写・使用を禁止します。
Copyright © 2008 Tari Nakagawa All Rights Reserved.